NowDo Premium
ライブ・アーカイブが視聴し放題

月額980円(25才以上は月額1,980円)でNowDoプレミアムに登録すると、ライブとアーカイブを無制限に視聴できます。

いまなら1週間無料のトライアルキャンペーン中!(期間内に解約すれば料金はかかりません)

※25才未満の場合はプレミアムに登録しなくてもライブは無料です

こちらから会員登録

大学から給料が出る?アメリカの研究職の実態と魅力

このイベントは過去ライブ配信のアーカイブ動画です

NowDoプレミアムで見放題

月額1,980円ですべてのライブ配信・アーカイブを無料で視聴することができます

プレミアム登録980円/月 または 1,980円/月

25才未満は無料でライブ配信に参加できます

大人は660円/回もしくは1,980円/月で視聴できます

イベントの参加・視聴には NowDo アカウントでログインする必要があります。

ログインするか、アカウントをお持ちでない方は会員登録をお願いします。

アーカイブを購入

売上はプロフェッショナルと運営に還元され、継続的なスクール運営のために活用されます

アーカイブ購入660円

25才未満は無料でライブ配信に参加できます

大人は660円/回もしくは1,980円/月で視聴できます

イベントの参加・視聴には NowDo アカウントでログインする必要があります。

ログインするか、アカウントをお持ちでない方は会員登録をお願いします。

イベント情報

※こちらは日本語での配信でございます。

みなさんは「大学院」にどんなイメージがありますか?

・勉強がすごく好きな人が行くところ

・奨学金をたくさん借りないといけない

・社会人デビューが遅れてしまう

などなど、マイナスなイメージを持っていないですか?

実はそれは「日本だけ」かもしれません。

なんとアメリカでは、大学院に進むと授業料を払うのではなく大学から「給料」が出るとのこと。

それだけアメリカでは研究者が重宝されています。

そこで本日は日本とは大違いなアメリカの研究職の実態と魅力について矢島さんにお話しいただきます。

矢島さんは世界中からエリートが集まるアメリカの大学院に一発合格。大学院でも狭き門をくぐり抜けアメリカの大学で研究者として働かれています。

いかに日本とアメリカの研究職が違うのか、リアルな情報をお楽しみください。

/

・矢島祐作

ミネアポリス在住の学者・博士。現在、ルイジアナ大学所属。日本の大学を卒業後、アメリカ及びフィンランドの大学で教鞭を取りながら、南イリノイ大学より博士号取得。専門は文化とコミュニケーション並びに教育。著書に、『Becoming (Un)Desirable: English Hegemony, Whiteness, and Higher Education 』(Kendall Hunt )等がある。 大学での教育及び研究以外にも、多種多様な職務をこれまでに経験。 アルバイト・フリーランス :コンビニ店員、ラーメン屋バイト、塾講師、音楽制作会社アシスタント、郵便局バイト、総合スーパーバイト(お惣菜)、軟式テニスコーチ、ピアノ及びギター講師、等。 経営・運営:レストラン、NPO。 中学・高校時代には軟式テニス部部長を務めた。 趣味は、料理、お茶、ウィスキー、ピアノ、ギター、バスケットボール、テニス、ランニング、総合格闘技。